1. Top » 
  2. 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

やらないよりましでしょ。

 本日の日銀の金融政策決定会合で7年半ぶりの利下げに踏み切りましたね。

とはいうものの、大方の予想 0.25%利下げの期待を裏切り、0.2%の下げで政策金利は0.3%と小幅にとどまりました。

微妙な数字です。やらないよりは全然ましですが、マーケットは多少、失望しているようです。

三連休前でポジション調整などもあるのでしょうが、株価は大幅下落。円買い圧力も強まって、クロス円も総じて下げています。

こないだ仕込んだ豪ドル円も逆指値に引っ掛かりました。掛けといてよかったです。

今の為替相場はコツコツ利益を積み上げていったほうが良いようです。

☆本日のトレード☆

《セゾン》外貨トレード 豪ドル/円 決済(逆指値) 59.95円→64.86円(逆指値65円) 10,000通貨 +49,100円



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S
スポンサーサイト

明日、日銀の利下げがなければ・・。

 明日の31日、日銀金融政策決定会合が行われますね。

そこで、日銀が利下げに踏み切る公算が高いという報道が大半のようです。

急激な円高も、今回の協調利下げには日銀も参入する公算が高くなったため、一時に比べ円高は修正され株価も持ち直しています。

もし、明日、利下げがなければ持ち直している株価も失速し、またもや円高に傾くでしょう。

ただ、ここまで来たら何があるかわかりません。先日、ロングポジションをとった豪ドル/円もしっかり逆指値は出しておこうと思います。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S



日銀、協調利下げへ動くか?

 前回の米欧6中銀による協調利下げ時には参加しなかった日銀だが、今回は米欧とともに協調利下げを検討しているというニュースが流れた。

本当にするかどうかは市場の動向を見ながらということらしいが、前回のように他の国々は協調して利下げしているのに日本だけ十分低い金利水準だからしないというのは、どうも無理があると思う。

そんなことになれば、一服した感のある円高がまた再燃することは、素人でもわかる。

実態経済に効果はないかもしれないが、協調して金融危機に立ち向かっているとの日本の姿勢を知らしめないといけないのだろうと個人的には思います。

今日は日経平均株価は前日比589円98銭高の8211円90銭と大幅続伸しましたが、後場には一時上げ幅を縮小したようで、まだまだ安心できない状況です。

でも、とりあえず上がってよかった~。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

海外旅行者にはうれしい円高

 先日、職場の同僚が”今、米ドルって円換算するといくらほど?”と聞いてきた。

日ごろ為替にはあまり興味がない人だったので、”何で?”と聞くと、海外旅行をしたいから米ドルのトラベラーズチェックを購入したいというのである。

いやぁ、この人はラッキーである、今の相場は劇的な円高状態。

今、海外旅行に行く人はとてもついてますよね。実際、投機目的で米ドルのトラベラーズチェックを購入する人が増えているらしい。

逆に海外から日本に来る旅行者には災難ですよね。

オーストラリアの旅行者なんかかわいそうです。なんでも、北海道のニセコなんかはオーストラリアの観光客の方が多かったんだけど、最近の円高で数が減っているそうです。

滞在目的でコテージなんかを建てる人もいたらしいんだけどキャンセルが相次いでいるらしい。

日本の輸出企業にとっては、痛い円高だけれども海外からの原材料なんかは安く仕入れられるし、ピンチをチャンスに変えてなんとか乗り切ってほしいものです。

☆本日のトレード☆

《セゾン》外貨トレード 豪ドル/円 ロング 59.95円 10,000通貨 



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

こうなればケインズ政策で世界恐慌を救え。

 株価の下落が止まりませんね。

もう、投資額はしっかりとした計算はしていませんが40%から50%ぐらい目減りしていると思われます。

月末には、収支を計算しようと思っていますが、正直怖いです。

いったいどうすれば円高は落ち着き、株価は上昇するのでしょう。

誰かわかる人がいたら教えてください。

レバレッジをかけていた人の中には、追証の嵐で相場から退場した人も多いことでしょう。

やっぱり、この嵐の終りがどこにあるか見えないんですよね。誰も。

噂のVIX恐怖指数(ボラティリティ・インデックス)はなんと24日に90近くまで上昇。

もう、あり得ない数字です。

こうなったら、もう、各国政府が”ケインズ政策”をとって、政府が民間に代わって大規模にお金を使って消費し需給不足を補うしかないでしょう。

大規模な公共投資を行い、政府系ファンドが株を買いあさり、とりあえず世界大恐慌に陥ることを避けなければ、日本も傷は少ないなんて悠長なこと言ってると、かならず引きずり込まれますよ。

実体経済はもう悪くなっています。ある製造業の工場は今まであった残業はなく、派遣はすべて切られ、消耗備品の消費に一段と厳しくなったそうです。

もう、いい加減に各国協調して大胆な財政出動しないと奈落の底まで落ちていきますわ~。(耐えられるかな・・・・。)



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S




やっぱり積立投資が一番かな。

 最近の相場の乱高下で精神的にも結構疲れている。

あまり気にしないようにしているのだが、仕事をしていても昼の休憩時間にニュースなどで”株価暴落”、”円高”の文字を見るたびに胸のあたりがぐっと締め付けられる気がする。

幸い、相場が気になって仕方か無くて、仕事が手に付かないという状態ではないが、なんとなく落ち着かない。

やっぱりここのところ思うのだが、積立投資が一番じゃないのかと。

今はセゾン投信の“セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド”とトヨタ自動車とTOPIX連動型上場投資信託とゴールド積立とプラチナ積立をしているのだが、こちらは下がれば下がるほどドルコスト平均法の利点が増すので”将来に向かって安値で積み立てられてラッキー”と気楽に思えるのだが、積立以外の現物株やREITなどはどうしても含み損が増えると、胃が痛い。

投資スタンスは中長期なのだが、やはり心中穏やかでないのが現実です。

やっぱり、乱高下する現在の相場では、時間分散投資の効く積立投資が今から投資を始めるにはお勧めだと思う。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

日銀の為替介入はあるのか?

 24日のNY外為市場では、一時、13年ぶりの安値であるドル/円90.950円をつけました。

結局、94.570円で引けたが、急激な円高にこれから決算発表を控えている日本の輸出産業にとっては大打撃です。

為替に反応して株価が下げているのか、世界景気後退懸念による株安から為替が円高に振れているのか、もはや負の連鎖反応と言わざるを得ませんよね。

今回の急激な円高に対して、金融当局の日銀は為替介入を行うのか否か、いろんな意見があるようです。

日銀はこれ以上の異常事態のために、出せるカードは取っておきたいんでしょうが、個人的にはそんなことを言っている間にカードを出すタイミングを失ってしまうような気がします。

週明けにも円売り、ドル、ユーロ買いの為替介入をし、なおかつ、利下げを行い各国との金利差を広げないと、安全資産と言われている円買い、ドル、ユーロ売りの流れは止まらないような気がします。

治療は計画的に早めに打たないと、効き目がある薬も効かなくなってしまいます。

悲観的なアナリストの意見が多い中、各国の金融当局の早期の連携治療を望みます。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

意外に日経平均下げ渋ったね。

 朝方の米国市場の急落と為替市場の円高で、今日も600円ぐらい日経平均は下げて引けるかなと思っていたら、意外に後場で下げ渋りましたね。

ディフェンシブ銘柄はやっぱり底堅いみたいですね。

なかなか言葉ばかりで具体的な”治療薬”が出てこないので、いわゆる催促相場になってるんでしょう。

それにしても、円高と株安のダブルパンチは痛いよね。

本当にアメリカ何やってんだか、早く具体的な景気対策打ち出してくれよ~。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

ユーロ安-円高・株安-負の連鎖

 今日の為替市場では、欧州景気の悪化に伴う利下げ観測。出尽くし感がなかなか広がらない金融機関の損失問題などからユーロ売りが加速。

ユーロ/ドルは1.2740ドルと2年ぶり安値を更新。ユーロ円でも下げがきつく、127.00円まで下落し4年4カ月ぶり安値を更新した。

ECBの利下げ観測から円高に動き、円高による輸出企業の業績悪化懸念が根強い日本株が売られるという負の連鎖。

FRBも利下げに動くのではとのニュースも出ている。

もし、FRB,ECBともに利下げに動けば、今回は日銀はどうするのであろうか?

日銀も利下げしないと、より円高に動き、輸出企業の業績悪化に拍車をかけることになると思う。

いずれにせよ、まだまだ一本調子で相場が回復はしないようだ。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

新しい証券税制はどうなるの?

 今日の日経平均は3日続伸で300円66銭高の9306円25銭で引けましたね。

いいことです。

本日は特にトレードしてないので、本屋で日経マネーの12月号を買って勉強していました。

気になる記事が、新・証券税制虎の巻って記事で、来年の一月から新たな証券税制に変わるっていうのは、FP技能士のテキストにも書いていたので知ってたんですが、やっぱり結構複雑ですよね。

移行期間の2009年、10年で売却益が500万を超える人は特定口座で源泉徴収ありの人でも確定申告しなきゃいけないらしい。

500万円を超えた部分は税率20%だそうだ。

あと、株式や投信の収益分配金が年間100万円を超える人も確定申告の義務が出てくるらしい。

これも、100万円を超えた分は税率20%。

う~ん、なんだか複雑。

最近、積立しているセゾン投信からも特定口座の申込用紙が送られてきた。

確定申告面倒なので、早速、開設しようと思う。

メリットを調べるに、今まで投信は解約請求、満期償還で利益が出た場合、2008年までは「配当所得」に分類されていたので、他の証券会社の株などの売却損と損益通算できなかったのが、2009年からは「譲渡所得」に変更になるので、株式などの売却損益と所得の種類が一本化されるので、利益が出た場合、他の株や投信の売却損と損益通算できることです。

とにかく、勉強しないと複雑すぎて分かんない。

でも、政局次第で現行税制の延長になるかも知れないので、まだ不透明ですよね。



優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

REIT-ETF買い増し

    1. REIT
  • 2008 10/20 (Mon)
  この間のニューシティレジデンスの破綻から、パニック売りもややおさまり東証REIT指数も820ポイントまで回復している。

本当は個別でほしい銘柄もあるのだが、今後の銀行の貸し渋りでニューシティレジデンスのようなところが出てこないのとも限らないので、REIT-ETFを買い増しすることにした。
(ニューシティは大型物件の取得費用が調達できずにデフォルトしたらしい。)

☆本日のトレード☆

買付【1347】NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 825円 200株 165000円

なんでも、明日、日興アセットマネージメントからETF「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」ってのが東証に上場するらしい。


こちらは隔月分配で売買単位が100株みたいです。


優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S



メタボ解消となるか、クロスウォーカーデビュー!

 資産運用とは全く関係ないのですが、実は最近、気になっている商品がありまして、購入しようかどうかすごく迷っていたんです。

私、多少今はやりのメタボ体型というやつで、若い時は結構痩せておったんですが働き始めてから運動不足でだんだんと太り始め、今ではいわゆるぽっこりお腹になってしまいました。

靴下も立って履くのが難しい状況にこれはいかんと、ここのところ毎日朝50分ほどウォーキングしておるんですが、効果はいまいち。

挫折しそうな所に最近この商品がダイエットにいいと聞き、いろいろ調べておりました。

ワコールという下着メーカーから出ているクロスウォーカーという下着なんですが、なんでも週5日着用で一日6000歩の歩行、一か月以上の着用で体脂肪、腹囲が減少するという代物。

もう、この誘惑にいてもたってもいられなくなり、購入してみました。

着用感はやはり締め付けが気になりますが、悪くないです。

ジャストウエストタイプを購入したので、太ももからへそ下まで隠れるので暖かい印象です。

明日は実際歩いてみようと思います。なんでも、自然に歩幅が広くなるらしい。

効果が表れるといいな~。







優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

個人投資家参戦の兆し

 ここ一週間で、ネット証券への口座開設やクローズした口座の再開手続をとる個人投資家が増えているという。

各ネット証券で3~5倍の口座開設申込数らしい。

株価水準が下がった今は絶好の投資開始時期との判断なのだろう。確かに相場にとっては喜ばしいことだと思う。多くのヘッジファンドが身動きとれなくなっているので、個人の買いが増えれば相場の下支えになると思う。

現在議論されている、証券税制が緩和されることを期待したい。

しかし、世界景気後退懸念でなかなか株価は安定しないので、今から始めるならるいとうなどの積立投資がいいように思う。




優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

ウォーレン・バフェット氏の話

 今日のロイターニュースにニューヨークタイムズ紙に、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が寄稿したことが乗っていた。

記事の中でバフェット氏は現在、米国株を買っていることを明かし、その理由に「株を買い入れる理由は単純だ。他の者が強欲になっているときに恐れ、皆が恐れを抱いているときに欲を出すことだ。」と述べているという。

さすが、「オマハの賢人」と言われる投資家のいうことは、一味違いますがなかなか私のようなひよっこは躊躇してしまう地合いですよね。

さらに同氏は経済ニュースは悪く、金融市場は混乱し、失業者は増え、企業活動は減退していることは認識しながらも、「市場心理や経済が上向く前に、おそらく市場は上昇に向かい、しかも大幅に上昇するだろう。コマドリを待っていたら春は過ぎ去ってしまう。」と続けた。

各国がおこっている金融機関への公的資金注入という「緊急輸血」と時価会計の一時凍結という「劇薬」が瀕死の世界的金融システム不安という患者にじわじわとでも効果が表れてくることを信じたい。





優良な収益物件をご紹介/不動産投資総合サイトHOME'S

やっぱり米株に左右されるのね。

 今日の東京市場は大引けに米株先物が上昇に転じたことでプラス圏に浮上し、結局、日経平均株価は99円90銭高の9547円47銭と続伸しました。

やっぱり米株に日本株は引っ張られる形になるんですね。どうしても。

まだまだ疑心暗鬼なところもあるので、足場を固めながら進んでいるって感じですね。

まあ、この間の記録的な急騰の様には一気にはいかないでしょうね。何とかこのままじわじわ挙げてもらいたいものです。


☆本日のトレード☆

買付【1306】TOPIX連動型上場投信 961円 100株 96100円
買付【1347】NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 785円 100株 78500円
買付【6301】小松製作所 1409円 100株 141,350 円

TOPIX-ETFとREIT-ETFは平均取得単価を下げるために安値で買い増しです。小松製作所はかなり調整が進んだのでここらで買いを入れました。

現実逃避・・・。

キャンプ
 昨日、仕事場の仲間とキャンプに行ってきました。

もう山は、紅葉を迎えてきれいに色付き初めて空気もきれいでした。

最近の相場下落の悶々とした気分を、山の自然に解き放ってすごく癒された気がします。

久しぶりに飲みすぎて、家でダウンしていたら、「いい年してまだ飲み方も知らんの。」と嫁さんのきつい一言。

たまにもすべて忘れて酔いつぶれるまで飲みたいときだってあるんじゃい!

さて、今晩の米株の動向はどうでしょうか?





資産管理を効率的に!MoneyLook with Yahoo! JAPAN

質への逃避・・。

 10日の日経平均も前日比881円06銭安の8276円43銭、東証株価指数(TOPIX)は同64.25ポイント安の840.86と、ともに再び暴落しましたね。

景気の減速で原油需要の落ち込み予想から原油も下げ、こうなると質への逃避ということで金が二カ月ぶりの高値です。

今年3月につけた最高値の1オンス=1030.80ドルっていうのに近い数字の1オンス=913.95ドルまで戻ってきました。

金はSPDRゴールドシェアとゴールド積立で持っていますが資産の中で調子がいいのはゴールドだけですね。

朝方にブッシュ大統領の金融機関への公的資金注入の正式表明がありましたね。NY市場は反応が薄かったですが、週明けの相場がどうなっているか少し楽しみですね。

J-REITで初めてのデフォルト

    1. REIT
  • 2008 10/09 (Thu)
 今、帰ってきてロイターニュース見たらびっくりしました。

ニューシティ・レジデンス投資法人のデフォルトのニュースです。

J-REITでは最初だそうです。

これを受けて東証は11月10日付での上場廃止を決定。ニューシティ・レジデンス投資法人は民事再生手続きの開始を申し立て、保全処分命令を受けたみたいです。

いやぁ、びっくり。

この余波はほかの優良銘柄にも来そうですね。

REIT-ETFも本日も引き続き下げております。

アドバンス・レジデンスもう一度安値で仕込もうかと思っていましたが、様子見です。

君子危うきに近寄らず。くわばらくわばら。


二の矢は放たれたが・・・。

    1. REIT
  • 2008 10/08 (Wed)
 オーストラリアの利下げに引き続き、8日の20:00に米、欧、英、スウェーデン、カナダ、スイス、中国の各中央銀行が協調利下げに踏み切りましたね。

やっとか、という気はしますが米国金融安定化法案に引き続き二の矢は放たれました。

日本銀行は利下げには加わりませんでしたが、これでパニック売りが収まってくれればいいんですが。

VIX指数という言葉を最近よく耳にしますが、、ボラティリティ・インデックスの略称で、アメリカのCBOE(シカゴ・オプション取引所)が、アメリカの主要株価指数の一つである「S&P500」を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表しているものみたいです。

将来の投資家の不安心理を表しているので、「恐怖指数」と呼ばれています。

この指数は通常時は10~20で動いているらしいんですが、6日、7日と軽ーく50ポイントを超えています。

この値は、ロシア通貨危機の時やアメリカ同時多発テロ,エンロン不正会計事件の時よりも高いみたいです。いかに今の金融危機が投資家の不安をかきたてているかがわかりますよね。


為替は発表の後、一旦円安方向に向かっていましたが、またもや円買いが進んで円高方向に向かって、発表前と同じ水準まで戻ってます。

続いて三の矢を撃っていただけるとありがたい。


それにしてもAIGの連中には腹が立ちますよね。

なんでも救済策決定後にカリフォルニアのリゾートで幹部たちが宴会をやって44万ドル(4440万円)も払ってたらしいですね。

米国民の税金で救済してもらっておきながら、この有様。もう、「何様お前ら!」怒り心頭ですわ!


☆本日のトレード☆
買付 【1347】NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 883円 30株 26,940円





まずは豪州利下げ!

 朝方の猛烈な円高の波に見事に逆指値に引っ掛かり、豪ドル円は14万円近くのマイナスです。

正直厳しい・・・。


しかし、昼ごろにはいいニュースが舞い込んできました。オーストラリア準備銀行が市場予想の0.5%の利下げを上回る、1%の大幅利下げを発表。

それを為替市場は好感し、ドルが値を戻しました。

これをきっかけに米欧が緊急利下げに踏み切ってくれるといいんですが。

早く具体的な政策対応を!

 いや~、今日の下げも厳しいですね。日経平均株価は前営業日比465円05銭安の1万0473円09銭。

為替もクロス円は大幅下落でボラティリティが大きすぎます。

さすがに厳しいですわ。

早いとこG7で協調利下げでもしてもらわんと困りますわ。はぁ~。

マーケットウィナーズ参考になった~。

 日経CNBCで日曜日に再放送している、BSジャパンのマーケットウイナーズ。

なかなかためになる番組で毎週見ているんですけど、今日はREITの現状と仕組みについて特集が組まれていて、みずほ証券の不動産アナリストの方がゲストできて、話をしていました。


興味のあるREITだったので、きちんと見ようと思ったのですが風呂上りの子供に服を着せたり、髪の毛乾かしたりしていたら、集中して見れませんでした。

でも、今のREITの下げが、外資の投資ファンドの資金流入が細っていること、個人投資家の比率が10%程度で買い支えるには心もとないっていうのは、合間を見て見れました。

ただし、東証REIT指数は、設定時の最初の段階に下がっており、利回り的にも魅力的な商品になっているとのことでした。

他にも投資法人と経営母体の関係性など具体的に話されていてすごく参考になりました。

BSジャパンは結構、経済番組いいの作りますよね。

米金融安定化法案が可決。一安心。

 やっと、米金融安定化法案が下院で可決されました。

これで少し安心できる材料が出てきました。

今回の修正案には、銀行の破綻に備えた預金保険を2009年末までの時限措置として1人当たり25万ドルと2.5倍に拡充する条項を追加し、10年間で約1100億ドルの減税も盛り込むことで、国民の税金を金融機関の救済に使う批判を和らげようとした内容になってます。

ただし、週末のNYダウは157ドル安と続落。非農業部門就業者数が同15万9000人の大幅減少で雇用の減少からの景気悪化懸念の再燃がこの結果を招いたんでしょう。

こうなったら、各国で協調し利下げをして、景気の悪化にストップをかけないといけないですよね。

J-REITは今日も全面安

 今日もJ-REITは全面安ですね。

値上がり銘柄は5銘柄と軟調な展開です。しかし、その中でもこの間売却したアドバンス・レジデンス投資法人は堅調です。

株価も394,000円と急激に上げています。こんなことなら利食うのが少し早かったかなと思いますが、J-REITが全面的に軟調な中では、細かく利食っていくのも必要かなと思っています。

2008/9/18に東京証券取引所に上場された、NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信もすごく気になってます。

分配金が年4回なのと、やはり東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした「時価総額加重型」の指数に連動するので、リスク分散になることと、他のJ-REITファンドに比べ信託報酬が安いことです。

上場以後、J-REIT市場の低迷状態に合わせ株価は下げていますので、どの辺でエントリーすべきか悩んでいます。




Page Top

プロフィール

ひよっこ投資家やぬし

Author:ひよっこ投資家やぬし
現役、看護師で3級FP技能士のひよっこ投資家
好奇心旺盛な35歳で、2人の女の子の父親です。


現在は国内株式、国内外ETF、J-REIT、貴金属積立などで分散投資を実施中!

もっぱら、不動産投資に興味があり、FP技能士2級と合わせて勉強中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券会社紹介

楽天証券

セゾン投信株式会社

マネックス証券

【SBI証券】
資産運用お役立ちサイト

金持ち父さんになる方法

住信SBIネット銀行

楽天銀行(旧イーバンク銀行)

トヨタ好きならこの一枚!

ヤフオク!

Amazon.co.jp(アマゾン)
エディタブログパーツ
edita.jp【エディタ】
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブログでお小遣い!
スポンサーリンク
FXレート情報
ブログランキング参加中!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ bana ブログランキング【くつろぐ】
やぬしの参考書紹介







RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。